老化防止の食べもの一覧

老化防止効果のある食べ物を毎日の食事にラクにとりいれたい。

料理苦手な人でもできる簡単な、身近な旬の食材や食品を使った老けない食事術をご紹介していきます。

高価なサプリや特別なものではなくてスーパーに普通に売っているものを中心に無理なく楽しく若々しさを保ちましょう♪

<例>

  • はちみつ
  • マヌカハニー
  • ローヤルゼリー
  • 豆乳
  • ヨーグルト
  • 野菜
  • お茶
  • オイル
  • 魚缶詰
  • お茶

また、

甘酒、ヨーグルトなどの発酵食品、しょうが、マヌカハニー、ココナッツオイル、アーモンド、玄米、雑穀などは比較的効果が出やすいものです。

私の体験なのですが、次の日疲れがとれていたり、化粧ノリがよくなったり、便秘解消などを早い段階で実感しました。

年齢を重ねるにつれ、若い頃には気にしないで良かった「補わなければならない栄養分」が出てきます。

加齢による体の変化を食べ物の力でサポートすることが必要なんですね。

そのためには

1.老化防止の効果のある食べ物を選ぶ
2.食べ方を工夫する
3.老ける原因となる食べ物を避ける
4.偏った食生活はやめる

ざっくり分けると以上の4つのポイントになります。

1.老化防止の効果のある食べ物の選び方は

前述したものは毎日季節に関係なく摂りたいものですが、
季節によっても特に摂り入れたいということもあります。

一例をあげると

◎紫外線対策にトマトのリコピン効果

5~6月にかけては肌や、老化に大敵の紫外線の強くなる時期です。
そういう時におすすめな食材はトマト。

「リコピン」という成分がコラーゲンを守り生成を促す役目をしてくれます。
また、油と相性がよく、トマトを使ったお料理に活用しやすいです。ぜひ春から夏にかけてはトマトの出番を増やし、紫外線対策をとって老け防止しましょう。

◎朝に白湯を飲んでデトックス効果

カリスマモデルや美意識高い女優が「美の秘訣」としてよく紹介しているのが朝一番に白湯を飲むこと。

白湯の結晶は煮詰めることで小さくなり、体へ吸収しやすくなり、内側から染み渡ります。老化によって乾燥しがちな肌や体内が潤い、ネバネバしがちな毒素を排出してくれる働きがあります。

「半分に煮詰めた白湯は便秘薬、4分の1に煮詰めた白湯は万能薬」とも言われているそうです。

白湯の飲み方は

1日に100~150mlを5~6回に分けて飲むのがおすすめです。
ちなみに白湯は体の状態で味の感じ方が違い、毒素が溜まっているほど美味しく感じられないそうです。
甘く感じられるまで続けましょう。
おいしく感じたらデトックス効果がある証拠。
体調管理のためにも習慣づけたいですね。

2.食べ方を工夫する

「ベジファースト」という言葉をご存知でしょうか。食事の際に「野菜」から先に食べることです。

「食べる順番でそんなに変わるの??」

と不思議に思いますがしっかりとその理由があります。

野菜に豊富に含まれる食物繊維によって

○腸内が活発になりその後にやってくる糖質などの準備体制が整えられること。

○ご飯やパンなど吸収されやすい糖質を先に食べると血糖値が急上昇しやすい

○野菜で少し空腹が満たされるのでドカ食いにならない。

○老化のもととなる「AGEs(エイジス)/終末糖化産物」の生成を抑えられる。

食べる順番ダイエットという方法があるくらい、食べ方によって栄養の吸収をうまくコントロールできるんですね。

ベジファーストの方法(一例)

普段の食事の時、意識して先に「野菜類」をと順番を決めて食べます。

野菜、サラダ(海藻類、きのこ類、こんにゃくなどもOK)
→汁物、スープ
→主菜(肉、魚、大豆、卵などのたんぱく質)
→主食(パン、ご飯、めんなどの炭水化物)

料理が苦手な人には朗報ですね。通常の食事で順番を変えるだけで老化防止に役立つのですから。ぜひ今日から実践してくださいね♪

3.老ける原因となる食べ物を避ける

老化防止にいい食べ物をとるのはプラスの作用になりますが、逆に「摂らないもの」を選ぶ力も重要なポイントです。

ではどんなものを避けたほうがいいものでしょうか。

確実に老化へ導くのは糖類、人工甘味料、化学調味料、
トランス脂肪酸(マーガリン、ショートニング)などです。

なんとなく、体によくなさそうだなぁ~と日頃から薄々感じていませんでしたか?

でもそれらを100%除くことはできない…ですよね。

スーパーに並べられている加工食品、菓子パンなどほとんど何かしら上記のもの、入っていますね。

ただ、普段の買い物時に少しづつ賢い選択をしていくだけで随分とそれらの摂取量を減らすことはできます。

買う前には「原材料の表示をしっかり見て選ぶ」それにつきます。そういう消費者が増えることで徐々にスーパーから添加物たっぷりの食品が並ぶことは減っていくという良い循環が始まればいいですね。

4.偏った食生活はやめる

栄養バランスのいい、さまざまなものを食べましょう。

まとめ

「私たちの体は食べたものでできている」
これは私が胸に刻んでいる言葉です。老化や不調の原因はほぼ食事に関係しています。

そして
「今日何を食べるか」を選ぶのは自分です。

5年後、10年後を想像してみてください。

元気ではつらつとした日々を過ごせていますか。
老化は進んでいませんか?

キレイで若々しい未来の自分のために、老化防止の食べ物をしっかり食べましょう♪

豆乳を使ったアレンジ料理|飽きさせないで毎日食卓に♪

豆乳のアレンジ料理のレパートリーをたくさん知って家族が飽きないようにしたい。そんな時におすすめの工夫メニューです。体にいいのはわかっているけど毎日同じでは続けていけませんよね。豆乳のアレンジ料理をたくさんマスターして毎日美肌と健康によい食卓を♪