腸の老化一覧

腸の老化は加齢とともに進行しますが、普段のちょっとした心がけで若々しく保つことができます。日頃の運動不足、偏った食生活、ストレスや薬の常用などの無理は若い頃には乗り越えることができたとしても、体の負担は積もってしまいます。体にとってとても重要な臓器である腸の働きを最大限に活かすためにメカニズムと心がけたいコツをご紹介します。

腸は食べ物の消化・吸収をする小腸、排泄を担う大腸と分担し、相互に連動しながら働いています。
さらに大きな任務は「免疫力」です。

その免疫システムは優秀で、食べ物に付着した外部からの侵入物を「体に有害なものではないか」と目を光らせウィルスや病原菌を防御する重要な関門です。全身の免疫細胞のうち6割は小腸内に集結しています。

ビルで例えると、入り口に外部からの接触と一番近いエントランスの前に構えている警備員のようなものでしょう。

そんな心強い腸のシステムですが、正常に働いてもらうには気を付けなくてはいけないことがあります。

それは腸内の環境をバランスよく整えること。

腸内にはたくさんの菌がお花畑の花の様にたくさんいて、その中には善玉菌や悪玉菌、また日和見菌に分類されるグループが住んでいます。
それぞれ自分達の勢力をのばすためにしのぎを削っています。

善玉菌は人間にとって良い働きをする(乳酸菌、ビフィズス菌など)
悪玉菌は人間にとって有害な働きをする菌(大腸菌、ウェルシュ菌など)
日和見菌はどちらにも属さず、勢力が高い方に味方します。

人によって菌の顔ぶれは違っていて、家族だからといって全く同じ菌がいるとは限りません。
また、腸内の菌の勢力は日頃の食べ物によっても変化し、健康を維持する理想的な割合は

善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7

です。

年齢を重ねるに連れ、そのバランスが大きく崩れ、善玉菌が極端に少なくなり腸の老化がはじまります。
腸内が悪玉菌に占領され、腸内腐敗が進めば有害物質を生成し、強い臭気を放つようになります。
便がひどく臭うと感じたら要注意です。

加齢だけでなく、食事や生活の乱れは悪玉菌をはびこらせ、有害物質を大量に放出し、
ダイレクトに体全体の老化や病気を引き起こします。

ここでいったん自分の腸年齢を簡単チェックしてみましょう。

便秘気味、または下痢気味
便は硬く、スムーズに出ない。
野菜が嫌いであまり食べない
おならや排便時のニオイがきつい
便の色が茶褐色、黒っぽい
肉食が多い
ストレスが多い
喫煙している
運動不足
顔色が悪くツヤがない
牛乳や乳製品が苦手

当てはまることが多いほど腸年齢は高くなります。全部当てはまる人はもう老人状態と言ってもいいほど。
今すぐ改善しましょう。

カンタンチェックいかがでしたか。

たとえ、今結果が悪くても、また「年だから」と諦める必要はありません。
「食事」や「生活習慣」でいくらでも巻き返すことができるからです。

1.善玉菌を増やす食事
2.生活習慣の見直し

この2本の柱で負けている善玉菌を応援、腸の老化をくい止める対策をとりましょう!

1.善玉菌を増やす食事

生きた乳酸菌や麹菌(こうじきん)を取り込める発酵食品、食物繊維が摂れる野菜、未精製の穀物などを積極的に摂ること。

具体的な例で言えば、

ヨーグルトを毎日食べる。
みそ、納豆、豆腐、漬物など和食中心の食事にする。
精製された白米をやめて玄米や雑穀にかえる
イモ類、根菜類、きのこ、こんにゃく、野菜など食物繊維の多い食材を多く摂る

これらは数日に一度まとめて摂ればいいというものでなく、コツコツと持続することが大事です。
3日に一回腸粘膜歯生まれ変わるため、毎日積み重ねることが必要。一気に摂ることにあまり意味はありません。

2.生活習慣の見直し

「規則正しい生活」健康のお話には必ず出てくるワードです。
言葉どおり、朝起き、3食きちんと食べて夜は早めにぐっすり眠る。それは健康作りの大前提です。

ここでは腸の老化に深い関係のあるストレスについてお話します。

「腸脳相関」(ちょうのうそうかん)という言葉をご存知でしょうか。

実は腸と脳は深い関係があり、よくストレスがかかると下痢になるという人がいますね。
過敏性腸症候群というのが代表的な症状ですが、とても影響しあいます。

また腸内環境の悪化によって不安感、気分が落ち込むなどになる逆パターンも。

ストレスによって自律神経のバランスが崩れ、副交換神経の働きが抑えられるため、腸のぜん動運動がうまくいかなくなり、
腸内に食べたものが溜まり腐敗。悪玉菌が優勢になるため、有害物質が体内に吸収され老化を加速することになります。

腸内の善玉菌が肩身の狭い思いのしないように、ストレス解消をこまめに心がけましょう。

まとめ

腸の老化は私たちが日々何を食べるか、どれを選ぶか、どんな生活を心がけるかの取捨選択によって
大きな差をうむことがわかりました。

どれをとってもむずかしいものはないですよね。日本人が食べてきた昔ながらの和食を摂り入れたり、ストレスを上手に発散して心地よい毎日を送るよう工夫してみたり…。生活リズムを整えて早寝早起き、3食きちんと食べる。

この毎日の心がけが数年後の自分の健康の未来を動かしているということですね。簡単なことから一つでもはじめて腸の老化を食い止め、心も体も若返りましょう♪

NO IMAGE

ピロリ菌の検査の方法とは?胃カメラ苦手な人へ

ピロリ菌検査方法はいくつか種類があります。それぞれのわかりやすい手順と、精度、メリット・デメリットを比較。検診を躊躇している人にもぜひ知っておいてほしい知識です。ピロリ菌検査方法を賢く選んで元気な胃をキープしましょう♪